日本集客ライティング代行

Give Your Business Wings DRM BLOG

ビジネスクイズ!あなたなら2軒目の店舗はどこに出す?

f:id:copymatsu:20180406081539j:plain

クイズ!あなたが経営者なら2軒目の店舗はどこに出す?
 
A.人通りの多い1つ先の駅近に出す。
B.ほかの地域の新規獲得の為、遠く離れた地域に店を出す。
C.店が上手くいっていることをアピールする為、地元に店を出す。
D.今の店舗から徒歩5分の近い場所に出す。
 
 
 
もしあなたが飲食店の経営者ならどうしますか?
 
あなたのお店は、毎日お客さんが来店してくれて、
週末には行列を作っている人気店です。
そして常連客も日増しに増えてきています。
 
忙しい日々を送っているあなたですが
毎日、充実感を持って過ごしていました。
 
月に一回開いているミーティングで
マネージャーがある話を口にしました。
 
「店長、2軒目を出してみませんか?」
「そうだなあ…売上も毎月順調だし、
ちょっと視野に入れてみるか?」
「新しく店舗を出すとしたら場所が重要ですよね。
どこに出しましょうか?」
 
新しく店舗を出すなら
大きな資金が投入されます。
しっかりと回収することも
考えなければなりません。
 
さてここでクイズです。
二店舗目を出すとしたら
あなたはどこに出しますか?
 
A.人通りの多い1つ先の駅近に出す。
B.ほかの地域の新規獲得の為、
遠く離れた地域に店を出す。
C.店が上手くいっていることを
アピールする為、地元に店を出す。
D.今の店舗から徒歩5分の近い場所に出す。
 
 
それではシンキングタイム!
(ヒント:競合がいることを考えてみてください)
タイムアップ!終了です!!
 
あなたはどれを選びましたか?
私はDを選びました。なぜDかって?
 
だって飲食店であり、週末は行列を作るのであれば
人手が足りないときに近くの店舗から
スタッフをヘルプで呼べるし、
材料、調味料もお互いに貸し借りができるからです。
 
そしてうちの店舗で満席であれば
近くの店舗に案内することもできるからです。
 
その地域での知名度も上がりますしね。
自分の2つの店舗で商圏から
得られる利益を最大化できるからです。
 
その地域で広告、チラシを巻く時も
一回の配布で2軒分の広告を打つことができるからです。
店舗が近ければ2軒分のチラシをまく必要はありませんよね。
 
 
さて、正解はというと…Dです。
これはかなり実践的なビジネス誌で
書いてあったことなのですが
1店舗の近くに2店舗を出すことは
店舗ビジネスの基本らしいです。
 
そういえばコンビニも
とても近い距離で同じセブンイレブン
見たことが何回もあります。
なんでだろうと思っていたんですよね。
 
とりあえず私は正解したので歓喜しているのですが
1店舗の近くに2店舗を出す理屈というか
根拠が腑に落ちる内容だったので
その根拠を皆さんに共有したいと思います。
 
 
根拠その1:広告費の削減
 
中小企業、個人事業主にとって広告費は
そう簡単に多くを出すことはできません。
2店舗目とはいえコストのやりくりには
慎重にならなくてはいけません。
 
すぐ近くに店舗を設置することによって
広告に2店舗の宣伝を同時に行うことができます。
2軒の宣伝を1回の広告で出せるのはとても大きく
反応もより良いものになります。
 
根拠その2:商圏内利益最大化
 
1軒目の店舗で行列が並ぶくらいの人気店なら
なおさら近くに店舗に出す方が良いそうです。
行列ができることはそのエリアで
まだまだ伸びる可能性があります。
そして行列を待てないお客さんが
他の競合に逃げてしまうことがあるからです。
 
近くに店舗を構えていれば
行列ができてもすぐに案内をすることで
そのエリアの取りこぼしを防ぐことができます。
 
根拠その3:他エリアでは競合が存在する
 
A、B、Cがなぜ間違いかというと
他のエリアには競合がいることを
無視していることが挙げられます
 
別のエリアでは
そのエリアの繁盛店が存在しています。
特に何年も前から営業している繁盛店がいると厄介で
そのエリアでの見込み客含む常連客が
そのお店から離れないのです。
 
繁盛店だけでなくそのエリアの2位3位の
店舗との競争は避けられません。
なので他エリアへの出店は
かなり厳しい戦いになります。
 
根拠その4赤字を防げない
 
他のエリアで店舗を出し、
競合店舗と争うとほぼ間違いなく
赤字が発生します。
 
そうすると2軒目の店舗の赤字取り消しのために
1軒目の店舗から利益を補てんすることになります。
 
今後の店舗の成長のために使われる利益を
2軒目の赤字消しのために使われるので
店舗全体の資金力が落ちてくるのです。
 
2軒目の赤字が続くと立ち戻すのに
何年もかかることになるのです。
なので店舗を出す場所は慎重に選びましょう。
 
 
上記の理由から他エリアに店舗を出すことは
とても危険であることがわかりますね。
 
私もある程度は予想はできたのですが
他の競合については頭が回っていませんでした。
こういうことを勉強すると
新しい発見があって楽しいですよね。
 
 
 
社会人になる前に知っておきたかった!あらゆる分野で結果を出すための上達3原則
 
社長だけができる競合と差別化する方法
 
新規集客を成功させる秘訣
 
 
オンラインでもオフラインでも
この先、時代に左右されない収益の基盤を作りたいなら…
中小企業経営者、個人事業主のための
安定して順調に成長していくビジネスを作る方法
 
【ビジネスの売り上げを毎月改善させる方法】
 
ビジネスをもっと成長させ、価値提供をしようとしている
あなたに特別なプレゼント!
・ビジネス の売上を毎月改善させる方法
・即実行可能!売上アップ6つの方法
・顧客が離れていく理由とリピート客が生まれる原則
・成約に結びつけるレスポンス広告18の基本チェックリスト
・OATHの法則に基づく見込み客の人行きレベルに合わせた3つの適切なアプローチ方法

社会人になる前に知っておきたかった!あらゆる分野で結果を出すためのスキル上達3原則

 f:id:copymatsu:20180321082647j:plain
 
あなたは今、熱中して
取り組んでいることはありますか?
コツコツと頑張っていて結果を出したいことは?
目標に向かって前進している…それだけで
あなたは素晴らしい人生を送っています。
 
そして目標を達成したり、
結果を出すことができれば
これ以上にない大きな達成感があるはずです。
 
達成感を得るだけでなく
賞賛の言葉をもらうことができます。
 
仕事であれば上司に
「君の業績が上がってきている…素晴らしい!」と
他の社員が見ているところで褒められたり…
 
サッカーをやっているなら
シュートを多くキメればチームメイトから
「やったな!次も頼む!」と頼りにされたり…
 
勉強であれば、いつも赤点だったのが
60点、90点と点数を上げて、
先生から熱いコメントをもらえたり…
 
周りから認められたり、賞賛される言葉は
あなたの人生をより充実したものにしてくれます。
「やっていてよかったなー」と
明日への頑張りの励みになります。
 
逆に成果が出せなかったり、
自分が上手くなるのが遅いと感じてしまうと
やる気がなくなり、どうしてもネガティブに
なってしまいます。
 
ここではそんなことにならないように
仕事、スポーツ、勉強…
あらゆる分野で結果を出すための
スキルが上達する3つの原則を紹介していきます。
 
上達するための原則①
基本をやり続ける
どんな分野にも「基本」というものがあります。
仕事のやり方、手順にも基本がありますし、
スポーツなら基礎的なトレーニング、
試合では基本的な動きをしなくてはついていけません。
勉強であれば数式を解くには
公式を覚えておく必要があります
 
なぜ基本が大事がというと基本は
その分野ではずせないものなのです。
 
たとえば車はタイヤ、エンジン、
ガソリンタンクなしでは
走ることはできませんよね。
 
このように「基本」は
必ず必要な部品でもあり、
その分野の根幹に当たる部分だと
覚えておいてください。
必要なものが抜けていては大小問わず
失敗する数がとても増えてしまうのです。
 
人気少年漫画、
スラムダンクの赤城キャプテンも
「基本ができなくては通用せん」と話しています。
 
基本的なことを身につけるには
必ず継続が必要です。
一日、二日で
身につけられるものではありません。
 
なんども失敗を繰り返してきて、
自分に不足しているものがわかり
初めて基本を、身に付けることができるのです。
 
上達するための原則②
早く気づく
着実に上達していくためには
今、取り組んでいることの良し悪しに気づくことです。
 
人は自分がやっていることを
間違いであっても
全て正しいと信じて行動しています。
 
自分がやっていることが
正しいと信じていても
やっていることが間違いであれば
悪い結果が返ってきます。
 
そしてうまくいかないことが続き、
挫折してしまう原因になるのです。
 
そんなことを避けるために
取り組んでいる仕事にしろ、
トレーニングにしろ、
「今やっていることは正確なことであるか?」
という早く気付く力が必要になってきます。
 
今やっていることは間違っていると判断できたなら
すぐにやっていることをやめて
正確な課題に取り組むべきです。
 
この気づく力を身に付けるには
基本が身につけなければなりません。
 
なぜなら基本があなたがやっていることの
正解か間違いかの基準になってくるからです。
 
 
上達するための原則③
成功したいのであれば
成功している人と同じ行動をとれとよく聞きますよね。
物事を上達するときも同じです。
 
ダメだった行動を
うまくいく行動に変えるだけで
結果が変わるのは当然でしょう。
 
ちょっと想像してみてください。
 
あなたが病気にかかっているとして
薬を飲んでいても治らないのであれば
それは“症状に効かない薬を飲んでいる”という
“間違った行動”になります。
 
「その症状に適した効く薬を飲む」という
“正確な行動”に変えるだけで
ずっと苦しんでいた病気は治ると思いませんか?
 
このように正確な行動は
より良い結果を生み出します
 
うまくいっている人が
何をどのようにして行動しているか
注意深く観察してみれば
彼らが大きな結果を得るのに、
適切な行動をしていることがわかります。
 
モデリングするときには注意点があります。
それは現在の自分自身の状態を認識してから
真似るということです。
 
あなたがモデリングしたい人物は
今でこそうまくいっていますが
芽が出なかった時期もあると思います。
 
正確には
“うまくいっているモデリング人物の行動”ではなく
“良くない時期からうまくいくようになった
モデリング人物の行動”です。
 
大切なのは人の目に映らないところにあります。
着目するのはうまくいっている結果ではなく
結果を得るためのプロセスを真似てみることです。
 
彼らが大きな結果を出して、
人から羨ましがられる功績を残せるのは
それなりの階段を登ってきています。
 
彼らもなんども失敗をして挫折し、
何度も試してきた中でうまくいく行動を
見つけることができたことを忘れないでください。
 
 
まとめ
・基本をやり続ける
・早く気付く
モデリングをする
 
 
 
いかがでしたか?
今回紹介した3つの原則は手品のタネのように
たいしたものではないことがわかります。
しかしこのタネが重要です。
 
お客さんを熱狂させ、感動させるためには、
手品のタネがすべてだということです。
 
また今回の記事では上達する原則を書いていますが
“早く”上達するとは書いていません。
 
日本経営成長研究所の石原明さんの話では
私たちが思い描いているものとは
全く違うと話します。
 
人はゴールを決めたらそれに向かって
まっすぐ一直線に進んでいくと思いますが
実際は途中まではなかなか良い結果が出ず、
あるポイントから
一気に成長し結果を手にすることができると話します。

3月号のニュースレターは届いていますか?

f:id:copymatsu:20180318091225j:plain


From.松竹佑京

ごく一部の方に送付しています、
3月号のニュースレターは届きましたか?
宛先が確定していない方には
PDFで送付しています。

もし届いていない、
またはデータを見ることが
できないようであれば
ホームページからお問い合わせください。
再度送付させていただきます。

そしてスマートレターで届いている方へ
奇抜なタイトルに汚い文章…
驚かれるかもしれません。
ご容赦ください。
なぜあのような作りのDMを
送っているかというと目的は1つ、
読んでもらうためです。

発刊を止めたいというのであれば
遠慮なくお申し出ください。




さて今回のニュースレターのお話ですが
先月号より、ページ数が多いです。
書く時間もかなり費やしたので
内容は充実していると思います。
(ただの自己満かもしれません…)

内容についてはここのブログで
お話したいのですが、
シークレットにさせていただきます。
(たまにポロっと出るかも知れません)

今回のニュースレターのコンテンツは
わかりやすかったのではないでしょうか?
そしてご自身の事業に
取り入れやすいものだと思っています。
感想もお待ちしております。

それではまた次号をお楽しみに!

社長だけができる競合と差別化する方法

 f:id:copymatsu:20180315232442j:plain
同じような商品があふれる現代、
ほかの商品と比較されると
値段が安いものが選ばれます。
 
値下げすればいいことなのですが、
私たち中小企業経営者、
個人事業主は価格競争に
巻き込まれると非常に苦しい戦いになります。
 
勉強家の社長たちは
他の商品と比較されないように
差別化を測ろうとしますが
 
同じような商品やサービスが
あふれている現代では
商品の独自性(USP)は
そう簡単に打ち出せるものではありません。
 
何か特別な効能や効果・機能がなければ
他の競合商品と
明確に差別化することは難しいでしょう。
 
そのために商品改良・商品開発に
取り組む企業もあります。
しかしその必要はありません。
 
あなたが会社の社長であれば、
すぐに競合との差別化を行う事ができます。
今回は社長だけができる
競合と差別化をする方法について
お伝えします。
 
どこの競合も真似できない差別化
あなたが社長であるなら
瞬時に競合と差別化できる方法があります。
 
それは社長自身が顔出しを行い発言する事です。
この世にあなたという存在は1人しかいません。
 
チラシやパンフレット、
ホームページ、動画サイトなど
 
あらゆるメディアに顔を出す事で
多くの人にあなたの商品・サービスを
知ってもらうことができます。
 
これを行うだけで競合より優位に立てる行動
 
社長が顔を出していくことで得られる優位性は
権威性のある発言ができる事です。
 
というのも社長は会社の代表取締役という
肩書きだけで一般の方よりも権威性があり、
 
商品やサービスについての発言には
少なからず影響力があるのです。
 
あなたが何か専門分野の知識を持っているなら
惜しみなく発信してみることです。
業界の中で当たり前の知識だと
思っていることは
一般の人にとって目からウロコの情報なのです。
 
もちろん顔を出して情報を発信することは
責任を伴いますが顔を出していることで
あなたの発信する情報を
信用してくれるようになります。
 
人は困ったことを解決する情報、
もしくは役に立つことを
教えてくれる人を尊敬してくれます。
 
お客さんから「先生」のような
立場になることができれば
商品・サービスの購入にも
良い影響が出てくるでしょう。
 
 
良い顧客とだけ付き合うことができる
 
あなたが世の中に知られていくことで
批判の的になることもあります。
 
競合から目立ちたがり屋だと思われたり、
ネットで悪口を書く人も増えるでしょう。
 
しかしあなたが有名になればなるほど、
発信するメッセージが強いほど、
あなたを支持する人も増えていきます。
 
これがどうビジネスに影響するかというと
あなたのことを
気に入ってる人だけが顧客となり、
 
あなたのことを嫌っている人たちを
除外することができるのです。
 
リピーターの増加、商品・サービスの
ファンになる人も増えていきます。
 
嫌なお客さんとずっと付き合っていくことは
売上にも影響しますし、心身ともに疲れます。
あなたの元で働くスタッフにも
同じことをさせたくはないでしょう。
 
お客さんから支持されることは、
メッセージの発信だけではありません。
 
それだけでは偉そうというイメージを
持たれてしまうこともあります。
 
社長のあなただけができる
お客さんの心を掴む
ちょっとしたテクニックがあります。
 
お客さんの心を掴む方法
社長という存在は、
いつも固定概念を持たれています。 
一般的には会社を立ち上げたすごい人、
 
常識人で努力家、勉強家であり
立派な人というイメージもあります。
 
いっぽうで従業員を働かせて自分は楽している
悪い社長のイメージもあります。
 
このような良いイメージでも悪いイメージでも
お客さんの心をグッと掴む方法があります。
 
それは【自己開示】です。
 
自己開示とは自分自身をさらけ出すことです。
たとえば、あなたが大切にしている習慣や
日頃から思っていること、
趣味や癖でもそれを話せば自己開示です。
 
なぜこのような自己開示が
お客さんの心を掴むのかというと、
 
社長が自己開示をすることで
世間が持っているイメージと
ギャップが生まれます。
お客さんとの距離が縮まるのです。
 
有名人が雑誌で
自分自身のことを語っていたり、
 
仕事に対する情熱や音楽に対する思いなど
語っていたりしますよね。
 
それだけでなく私生活のことも
語ったりするわけです。
 
なぜそのような記事が書かれるかというと
彼らが世間から思われているイメージと
違うことが書かれるからです。
 
しかも内容は、一般の方と
似たようなことであったりするので
イメージとは違うギャップが
お客さんの心を掴みます。
 
お客さんの心を掴んだ有名人は
観衆から強く支持され、
長い間ファンがつくのです。
 
このようなギャップのある
キャラクターを出せるのも
社長だけができる競合と差別化する方法です。
 
これをやるだけでネットでも信頼度がグッと上がる
 
現代では商品・サービスを買うときは
一度ネットで調べます。
 
近年ではスマホを使い
すぐに調べることができます。
(ちなみにスマホの普及率は10〜30代で90%、60代は30%)
 
多くの商品・サービスが
氾濫しているネットでどれを選んだらいいのか
お客さんは比較します。
 
比較するときにすぐに切り捨てられるのが
まず信用性のないものです。
ネットではお客さんを
騙すことだってできます。
 
とくに顔出しもしていない、
名出しもしていないところの
商品に信用性がつかないのは
いうまでもないでしょう。
 
顔出し、名出しは
責任と信用の証でもあります。
 
手間がかからないことなので
すぐに実践してみるといいでしょう。
 
 
 
まとめ
 
・顔出しを行うことで発言に影響力がある
・悪い顧客を除外し、
良い顧客を集めることができる
・自己開示は顧客の心を掴むことができる
・顔出し名だしは責任と信用の証
 
以上が社長だけができる競合と
差別化する方法です。
この方法は中小企業、個人事業だからこそ
できることでもあります。
しかも簡単で時間も必要ありません。
機会があればぜひ実践してみてください。
 
 
 
 
 
 
オンラインでもオフラインでも
この先、時代に左右されない収益の基盤を作りたいなら…
中小企業経営者、個人事業主のための
安定して順調に成長していくビジネスを作る方法
 
ビジネスの売り上げを毎月改善させる方法
ビジネスをもっと成長させ、価値提供をしようとしている
あなたに特別なプレゼント!
・ビジネス の売上を毎月改善させる方法
・即実行可能!売上アップ6つの方法
・顧客が離れていく理由とリピート客が生まれる原則
・成約に結びつけるレスポンス広告18の基本チェックリスト
・OATHの法則に基づく見込み客の人行きレベルに合わせた3つの適切なアプローチ方法

たった2%の合格率で…!

f:id:copymatsu:20180311082031p:plain

From.松竹佑京

今回はちょっとした報告です。
ダイレクト出版の
ザ・レスポンス認定セールスライター試験に
合格しました。

これは認定のカリキュラムを受けて
後からわかったことなのですが
なんと試験の合格率はたったの2%!
(弁護士の司法試験予備試験で3%らしい)

もちろん難易度は異なってきますが
こんなむずかしい試験に
一発で合格することができたので
とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

そして私の試験勉強に協力してくれた
株式会社成長企業研究所の
社長と副社長のお二人様と
私を毎日サポートしてくれた彼女に
感謝の気持ちをお伝えします。
本当にありがとうございました。

応援の言葉をくれた友人、先輩へ
無事合格することができました。
応援ありがとうございます。

さらにライティング スキル含め
今後もさらに精進していきます。

日本集客ライティング 代行
代表 松竹佑京
セールスライター、DRM導入サポーター

 

社長のためのビジネスを成長させていく時間の使い方

f:id:copymatsu:20180306052440j:plain
 
誰にでも平等に与えられている時間ですが
お金と違い、使ったら取り戻すことはできません。
いかに時間を有益に使うかで
ビジネスの成長に大きく影響してきます。
 
今回の記事のタイトルを見て読んでいる方は
時間の貴重さがわかっている方です。
普段から時間に対してシビアで
どのようにして効率よく
業務をこなすかわかっている
優秀な方だと思います。
 
そんな時間の大切さがわかっているあなたに
今回の記事はとても役に立つ内容です。
ビジネスを更に成長させていく時間の使い方を
ご紹介いたします。
 
 
ビジネスを成長させていく時間の使い方とは?
 
私たち中小企業経営者、個人事業主にとって
もっと有益な時間の使い方とはどんなことでしょうか?
今でこそ時間の使い方はわかっていますが
どんな業務から手をつけていけばいいか
迷ってしまった経験もあると思います。
 
今後、時間の使い方に迷うことがあれば
優先順位はビジネスを成長させていくことを
優先してみてください。
 
ビジネスを成長させていくこととは
一体なんなのかというと
ズバリ売上につながることです。
 
粗利が出れば今後、優秀な社員を雇ったり、
新しい商品開発、広告費などに使うことができます。
蓄えがあればあるほど
あなたのビジネスは長期的に成長していきます。
 
具体的な業務としては
集客や販売、
販促に関する業務が含まれます。
 
4つの時間の使い方と優先すべき2つの業務
 
さてここからが本題です。
ビジネスを成長させていく業務が
明確にわかったら今度は日常の業務に
落とし込んでいきます。
 
でもその前に、
あなたがふだん行なっている時間の使い方を
分析してみましょう。
 
・重要かつ緊急に処理すべき仕事
・重要ではあるが緊急ではない仕事
・重要じゃないが緊急な仕事
・重要じゃないが緊急でもない仕事
 
上記の4つに分かれます。
この4つの時間マトリクスは
時間管理術の本などに載っていますが
重要なのは優先事項です。
 
社長、個人事業主が優先する業務は
上位の2つ、重要かつ緊急に処理すべき仕事と
重要ではあるが緊急ではない仕事です。
 
多くの社長は
重要かつ緊急に処理すべき仕事は
日常的に取り組んでいると思いますが
重要ではあるが緊急ではない仕事に関しては
おろそかになっていまいがちです。
 
そして他の役員や社員と一緒に
重要じゃないが緊急な仕事と
重要じゃないが緊急でもない仕事を
していることが多いと思います。
 
社長がなぜ下位2つの業務を
優先してしまうのかというと
社員がが関わっていて、
緊急を要されているからです。
 
重要な仕事は一人で黙々とこなすことに対して
下位2つの業務に関しては
他の社員に役に立てるという貢献と
満足感を得られるからです。
 
しかし下位2つの業務に関しては
社長でなくてもできるお仕事です。
上位2位の仕事が後回しになっていると
毎日忙しく働いているのに
常に仕事に追われていて時間がない
といった苦しい状況になってしまいます。
 
社長業を遂行するための作戦とは?
 
ではそんな状況を脱出して
ビジネスを成長させるためには
どうすればいいのかというと
次のことを行なってみてください。
 
直近1ヶ月、または2週間でもけっこうです。
1日の出社時間から退社時間までの
予定をすべて書き出してみてください。
 
すべて書き出してみるとわかるのですが
空白の時間がとても少ないことがわかります。
 
この空白の時間が30分、
最低でも15分空くのであれば
上位の2つ、重要かつ緊急に処理すべき仕事と
重要ではあるが緊急ではない仕事を行うために
予定を組んでみてください。
 
もちろん重要業務には
集客、販売、販促の業務を
入れることを忘れないでください。
 
そして完全に集中するために
会社ではなく集中できる場所に移動してください。
静かなカフェ、図書館、
または自宅でもかまいません。
 
外界との通信をシャットアウトして
取り組んでみてください。
 
これが数日ではあまり成果がわかりませんが
3ヶ月ほど続けてみると成果が実感できるでしょう。
 
 
獲物をピストルで撃つためには?
 
補足ですがもっと細かく予定を組むのであれば
上位2つの仕事を、忙しくなる時期の前に
入れてみることです。
 
これには2つの理由があります。
 
まずひとつは重要業務は集中して
頭を使う仕事だからです。
頭の中に他の業務のことが思い浮かぶと
集中することができません。
 
もうひとつは集客、販売、
販促に関する施策を
計画する時間だからです。
 
ここで思い浮かんだアイデアが忙しい時期に
試せるのであれば導入してみて
すぐに結果を検証することができます。
そして来期に向けて改善することができるでしょう
 
落ち着いている時期から忙しくなる時期に
重要業務を前もって取り組むことを
大きく利益を回収するための期間、
ハンティング・シーズンとも言われています。
 
獲物を仕留めるのに何度かピストルを撃ってみて
狙いを定める期間ということですね。
 
 
まとめ
 
・社長業はビジネスを成長させる売り上げにつながること
・優先的に取り組むべき業務は2つ
(重要かつ緊急に処理すべき仕事、重要ではあるが緊急ではない仕事)
・わずかな空白の時間でもブロックして上位二つの重要業務に取り組む
・ハンティング・シーズンを頭に入れておくこと
 
 
以上が社長のためのビジネスを
成長させる時間の使い方です。
繰り返しますが時間は
取り戻すことはできません。
 
たとえるなら、
 
時間は開けっ放しの水道と同じです。
しかも蛇口を閉めることはできません。
こうしている間にも流れ続けていて、
貯水タンクの水はなくなっていきます。
垂れ流し状態になっている水を
有効活用するのはあなた次第です。
 
 
改めて時間が貴重だということを認識し、
ビジネスを大きく成長させましょう。
 
 
PS .
時間を使っていく中で
スピードを意識することは重要です。
 
これは私の反省点でもあります。
よくスピードを上げろと言われますが
正確にいうとマーケティング
行うスピードをあげるということです。
マーケティングは車でいうところの
ガソリンやエンジンの役割を果たしています。
 
 
 
 
オンラインでもオフラインでも
この先、時代に左右されない収益の基盤を作りたいなら…
中小企業経営者、個人事業主のための
安定して順調に成長していくビジネスを作る方法
 

f:id:copymatsu:20180304160907p:plain

ビジネスの売り上げを毎月改善させる方法

ビジネスをもっと成長させ、価値提供をしようとしている
あなたに特別なプレゼント!
・ビジネス の売上を毎月改善させる方法
・即実行可能!売上アップ6つの方法
・顧客が離れていく理由とリピート客が生まれる原則
・成約に結びつけるレスポンス広告18の基本チェックリスト
・OATHの法則に基づく見込み客の人行きレベルに合わせた3つの適切なアプローチ方法
 
 

新規集客を成功させる秘訣

f:id:copymatsu:20180305093509j:plain 
多くのビジネスオーナーが
やりたがる新規顧客の獲得。
しかしうまく集めることができず
頭を悩ませる方が大半です。
 
新規顧客の獲得は億単位を稼ぎ出す
難しいと言われています。
 
一昔前の話では新規客を獲得することは
既存客から利益を回収するまでに
時間、お金のコストが
5倍以上と言われていました。
(現在では10倍とか…)
 
今日はそんな新規顧客の獲得を
成功させるための秘訣を
紹介していきたいと思います。
 
ペルソナを決める
 
商品、サービスを買うのはお客さんです。
あなたの商品・サービスを買うのは
どんなお客さんでしょうか?
 
年齢は?男性ですか?女性ですか?
職業は?趣味は?
どんな問題を抱えていて
どんな願望があるのか?
 
ペルソナを決めていくことによって
顧客にどのようなメッセージを送ればいいか
明確になってきます。
 
但し、ペルソナを作るときは
予想で作ってはいけません。
既存客から購入した理由やきっかけを聞いて
聞き出した情報をもとに作るようにしてください。
 
売り手が思っている購入した理由と
顧客が思っている購入した理由は
ほとんどが違っています。
「私は顧客のことをよく知っている」
と思うのは勘違いです。
 
既存客にそんなことができないという方は
次の質問を自分にしてみてください。
 
あなたは…
その商品にお金を払って購入するか?
購入するきっかけになる理由は何か?
購入したいと思うのはどんな場面なのか?
その商品を買って
どんな問題が解決されるのか?
またはどんな願望が叶うのか?
 
その理由やきっかけから結びつく人は
どんなお客さんなのか?
 
これらの質問があなたのお客さんに
近づくヒントになります。
 
ウォンツが生まれるベネフィットとは?
 
世の中には欲しい商品と
必要な商品があります。
まずこの2つの商品について
説明したいと思います。
 
欲しい商品とは…
自ら財布を開いて、
購入する商品のことを
欲しい商品と言います。
 
必要な商品とは…
本当は支払いたくないけど
必要だから仕方なく購入する商品です。
 
もちろん売れるのは欲しい商品です。
多くの商品・サービスは
素晴らしい効能、効果を持ちながら
その素晴らしさを
お客さんに伝えることができていません。
効能や効果は売り手側の主張ですよね。
 
ではお客さんが欲しいと思うときは
どんなときでしょうか?
それはお客さんがその商品を購入して
得られるメリット、得られる未来を
想像できたときです。
 
あなたは洋服を買うとき、
どんなことを考えて購入を決めますか?
トップスを買うときは、
どのパンツと合わせて着るか?とか、
コーディネートを決めて
購入していると思います。
 
頭の中で「このトップスを着るなら
あのパンツと合わせて、アウターを着れば
カッコいいコーディネートができる!」と
一度は想像したと思います。
 
顧客目線になってみて
ベネフィットを伝えるようにしましょう。
ベネフィットとは顧客が商品・サービスを
使用することによって
得られる結果、変化です。
 
たとえば、ダイエットサプリは
「運動をせずにラクして痩せられる」と
宣伝することができます。
『運動(面倒なこと)をなくして
痩せられる(願望)結果を得ることができる』
 
まだこれは浅いベネフィットです。
お客さんがダイエットサプリで得たい
結果や変化はなんでしょうか?
 
・お腹周り、足回りを細くして
思いっきりオシャレを楽しむこと
・痩せてキレイになって意中の男性に
アタックしたい
・デブだとバカにした人たちを
見返してやりたい
 
ダイエットサプリだけでも
いくつかあります。
ベネフィットはお客さんによって
変わってきますので
ペルソナを作っておく必要があります。
 
商品にベネフィットがあるかないかで
新規集客を行うときに
お客さんの目に止まるようになります。
 
 
望みの顧客がいる場所とは?
 
あなたの商品・サービスを買うお客さんは
どこにいますか?
 
先ほどのダイエットサプリを
例にしてみましょう。
 
ダイエットサプリを買うお客さんは
特に運動をせずに
ラクして痩せたいと思っています。
体にコンプレックスを
抱えているわけですから
外出して痩せようなんて思わないでしょう。
 
ということはスポーツジムや
公園に出かけてランニングしていることは
考えにくいですよね。
家にこもりラクして痩せられる方法を
延々とスマホで調べまくっているはずです。
 
だとすればオフラインで広告を出すより、
ネットで広告を出す方が適切だと
考えてもいいわけです。
 
これはあくまでも例ですが
お客さんはどこにいるのかは
テストしてみなくてはわかりません。
ファクスDM、フリーマーケット
展示会や交流会など、
 
ペルソナを作っておけばある程度
どこにいるのか絞ることができます。
 
どこにいるのかがわかれば
どの場所に営業すればいいのか
どこに広告費をかければいいのかが
わかるようになります。
 
 
1段目を踏ませてあげる
 
お客さんは基本的に
新しいものにお金を払うことは嫌がります。
なぜなら今まで買ったことのないものに
お金を出して損をしたくないからです。
 
ではそんなお客さんにどうすれば
商品を欲しい!と思ってもらい
成約に結びつけるために必要なのが
まず1段目を踏ませてあげることです。
 
どういうことかというと
商品の無料請求、資料請求、
または効果を実感できる安価の商品で
効果を実感してもらいます。
 
信販売がよくやっている手法ですが
これが新規集客の成功に大きく貢献します。
 
お客さんは今まで買ったことのないものに
お金を払って損をすることはイヤがりますが
「これは良い!」と判断したものに
ついては自ら進んで購入しようとします。
 
デパートや観光地の無料試食は
絶えずおこなわれています。
美味しいと思ってもらえたら
購入してもらう確率が
グッと上がるからです。
 
 
新規顧客の獲得はむずかしい問題です。
しかしこれらの要素が積み重なり
新規集客の成功に
大きく近づくことになるのです。
 
 
 
オンラインでもオフラインでも
この先、時代に左右されない収益の基盤を作りたいなら…
中小企業経営者、個人事業主のための
安定して順調に成長していくビジネスを作る方法
 

f:id:copymatsu:20180304160907p:plain

ビジネスの売り上げを毎月改善させる方法



あなたに売り上げを安定させ、さらに成長させていくためのプレゼント!
・ビジネス の売上を毎月改善させる方法
・即実行可能!売上アップ6つの方法
・顧客が離れていく理由とリピート客が生まれる原則
・成約に結びつけるレスポンス広告18の基本チェックリスト
・OATHの法則に基づく見込み客の人行きレベルに合わせた3つの適切なアプローチ方法