たった4分で売上アップの知識を手に入れよう!

f:id:copymatsu:20180220213155j:plain

 

みなさんこんばんは、
夜の更新は久しぶりではないでしょうか?
 
今回もちょっとしたお知らせです。
 
先日更新した時にもお知らせしたのですが
このブログはこれから
私のプライベート兼マーケティングノウハウの
ブログになってきます。
なのでごちゃごちゃになってきます。
 
マーケティング系のことは
まとめて別のサイトで更新していきます。
 
さて今回のお知らせですが
私のDRM導入についてのコンテンツが
YOUTUBEで動画をアップしていくことが
決まりました。
 
動画リンク
 
コンテンツ記事だけでは
ちょっとわかりにくい部分があるので
動画では私の解説とホワイトボードで
進めていきます。
 
もちろん
DRMのことならすでに知っているよ」
という人もいらっしゃると思うのですが
記事ではかけないこと、
または伝わらないことはたくさんあります。
 
改めて学びなおすことで
新しい“発見”や
今までわからなかった“気づき”が出てきます。
そして「こんな使い方もできるな!」と
新しいアイデアが出てくることもあります。
 
さらなる知識を深めることができるので
ぜひ動画をご覧になってください。
 
日頃から時間が取れない
代表者、経営者にもやさしく
1つのテーマの話を2〜4分ほどに
ギュッと凝縮してまとめていますので
通勤時間やちょっとした待ち時間で
活用してください。
 
それではまたお会いしましょう。
 
動画リンク
DRM導入サポーター・松竹佑京のDRMチャンネル
 

ニュースレターは届いていますか?


お久しぶりです。
日本集客ライティング代行の松竹です。

先日、ほんの一部の経営者、個人事業主
送付しましたレターパック
届いていますか?

中身は石垣島に無料で行った
2月号のニュースレター、
2つのコンテンツ記事、
そして石垣島のお土産を封入しました。

たった一個だけじゃなくて
社員さんも召し上がれるように
3個くらい入れればよかったですね。

もしニュースレターを送る宛先を
変えて欲しい、
またはニュースレターを
もう送らないで欲しいということであれば
私のホームページから
お問い合わせください。
対応させていただきます。

もちろんニュースレターには
必ずあなたのビジネスに
役に立つコンテンツを盛り込んでいくので
楽しみにしていてください!

 

f:id:copymatsu:20180215180814j:plain


さて2月も中間地点に差し掛かり、
私の周りでも春の訪れを
感じるようになりました。
写真に写っているのは私(松竹)と
梅の木です。
近くの公園では梅祭りという
催し事もやっています。

もうお気づきかと思いますが
この写真で“松竹梅”を表したかったのです。
これが本当の松竹梅ってね!

…今のは笑うトコですよ?(笑)

そんな話は置いといて
ブログを移転させようかと
考えているんですよ。
プライベートなことはここで更新して、
マーケティングに関連するコンテンツ記事は
別のWEBサイトで更新しようかなと
考えています。

またその時に報告させていただきます。

そしてメールが届いている方は
ご存知だ思いますが
日本集客ライティング代行では
セールスライティングの代行以外に
DRM導入サポートのサービスも
開始しました。

まだホームページでは詳細を
アップしていないのですが
依頼希望の方は今すぐにでも
申し込むことができますので
よろしくお願いします!


それではまたお会いしましょう!

やればやるほど売り上げが10倍上がる方法とは?

f:id:copymatsu:20180130060510j:plain

 

 

これはどんなビジネスモデルでも適用できる方法です。しかもやればやるほど効果が出てきますし、場合によっては売上を10倍にすることも不可能ではありません。しかも難しいものではなくあなたが明日からでも取り組める方法です。

簡単にできて、そして営業成績の良いセールスマンも使っているテクニック… 

それは「お客さんと頻繁に接する」ということです。

 

意外でしょうか?しかしこれをおろそかにしてしまってはいけません。なぜならあなたの商品、サービスはお客さんが購入しているからです。お客さんと接することは面倒なことですし 、時間も労力もかかります。

これを読んでいるあなたも何かしらの結果が出ないとやってみようと思いませんよね。

そこで本日はお客さんとひんぱんに接することで何が得られるのか?5つに分けて紹介いたします。

 

リピートする可能性が高くなる

あなたもご存知ですが、ビジネスを行う上でお客さんにリピートしてもらう重要性はわかっていますよね。お客さんとひんぱんに接することで生まれるメリットの1つはお客さんに覚えてもらうことです。あなたの応対サービスやあなたの人柄(キャラ)を買っている人もいます。

特に個人で店舗事業をしている方なら、これは忘れてはいけません。あなたの行うサービスはもちろん、あなたの人柄もかっているのです。「髪をきるならあの人のお店に行きたい」「マッサージをしてもらうならあの人がいる店にいきたい。」と思ってもらうことができます。一度あなたのお店にいってみて気に入ってもらえれば、2度、3度とリピートしてくれるでしょう。

リピートしてくれたら必ずフォローアップしましょう。永続的にきてくれるようになります。

 

お客さんと良い関係が築くことができる

ひんぱんに接することでお客さんと良い関係が築くことができます。もちろんお客さんと仲が良くなりすぎるのはいけませんが。

お客さんと良い関係を築くことができると、あなたの商品、サービスを拡散してくれるようになり、SNSやブログにもアップしてくれます。

よく「紹介をすると割引」というキャンペーンをやっていますが、お客さんと接していることでそういったキャンペーンにも相乗効果を生むこともできます。

それだけではありません。もしあなたの商品、サービスの不備があったとしても、そのあとの謝罪や穴埋めも、小さく済ませることができるのです。日頃から良くしてくれる人なら許してやろうと思いますよね。お客さんとの良い関係は宝ものです。

 

お客さんがあなたを頼って“ウォンツ”を言ってくれる

あなたがお客さんと接していれば、あなたの商品・サービスに付随する“ウォンツ”を言ってくれるようになります。一度接しただけでは何も言ってくれませんが、何度かコミュニケーションを取ることでお客さんは心を開くようになります。

商品は何かしらの問題を解決し、欲求を満たしてくれます。たくさんの声をもらえれば自分の商品に何が足りないのかわかることができます。

同じようなお客さんの声(意見・要望)がたくさん集まれば、新たな商品、サービスが必要だということもわかりますし、その商品が“売れる”というある程度見込みがあることがわかります。お客さんのたくさんの声は大量のヒントです。ぜひビジネスに役立てましょう。

 

ついで買いをしてくれる可能性が高くなる

リピートする可能性が上がれば「ついで買い」も増えるようになります。ついで買いをススめることも有効です。

ファーストフード界では世界一になっているマクドナルドも「ポテトもご一緒にいかがですか?」という一声をかけることで大きな利益を出すことができました。リピート客を生み出すことが「ついで買い」を生み出し、長期的に利益を出し続けることになります。

 

市場の動向がわかる

あなたがお客さんと接しているならわかりますがお客さんの“ウォンツ”は時代とともに変わってきます。その対象になるのは商品やサービスだけではなく、お支払い方法やそのほかアフターサービスが必要だということもわかってきますし、親身になってくれるお客さんであれば他所の競合がどのような施策を打ち出しているかどうかまで教えてくれます。

これらのことがわかるようになると市場の変化、環境の変化に適用、競合への対策ができます。結果的にあなたは業界で生き残ることができるようになるのです。

 

これらのことはあなたとお客さんとの関係から生まれます。なぜこのようなことが起こるかというとお客さんと接することで、ザイオンス効果が働くのです。

ザイオンス効果とは何度も接触するたびに相手を好きになる、または信頼できる人だと認識する、無意識な心理的作用です。

 

よく男性たちがやってしまうのが気になる女の子を一晩でモノにしてしまおうというケース、下心ミエミエですよね。あなたも一度はあるのではないのでしょうか?「そんなこと一度も思ったことはない!」と思ったならあなたはウソつきです。

月に一回8時間会う人よりも毎日10分だけでも会う人の方が好感をもたれます。あなたも相手の良いところがわからないまま関係をむすぶのはイヤですよね。

この話と同じようなことで一度で大きな利益を取ろうとするとお客さんはその下心を感づきます。お客さんに警戒心をもたれたり、疑いをかけられるとそのあとに商品を買ってもらう事はむずかしくなります。

はじめにやる事はお客さんと信頼関係(ラポール)を築くことです。このラポールを築くにはお客さんとひんぱんに接してみることです。

お客さんと接してみて相手が何を感じているか?何を欲しがっているか?相手の話を聞くだけで得るものがあります。

ぜひあなたも自分のビジネスにお客さんとひんぱんに接することを取り入れてみませんか?

 

売れる商品がまだ売れていない時の改善方法

f:id:copymatsu:20180126122724j:plain

 

世の中にはたくさんの商品であふれています。もちろんその中には大ヒットする商品だってあるわけです。もしあなたの持っている商品、サービスの中で、売れる素質のあるヒット商品があるなら、早く売れるようにしたいですよね。

 

世の中にはどんなにがんばっても売れない商品とまだ売れていない商品があります。まだ売れていない商品は工夫次第で売れるようにすることができますが、全く売れない商品はあの手この手を尽くしても売れることはありません。

 

では売れる商品と売れない商品の見分け方というのはあるのか?というとお客さんによって変わるのでかんたんにはいえないのです。

 

ですが売れない商品にはいくつか特徴があります。その中から1つ今日はご紹介しておきましょう。

 

商品のメリットがよくわからない

 

商品が購入されない理由はたくさんあります。たとえば価格が高いとか、まだ必要ではないとか…

正しいターゲットに向けていればお客さんは反応を示しますが、それでも反応を示さないときがあります。

 

そんなとき、お客さんはこの商品は私にどんなメリットを与えてくれるのか、がわかっていません。

売るものが商品ではなくサービスだとこの場合が多いです。商品だと目に見える形でわかるのですが、サービスだと実際に受けてみないとわからないものが多いのです。

 

サービス名だけでは、お客さんはそのメリットがよくわからなく、料金を払っても代償に見合うメリットがあるのか?と疑ってしまいます。

 

もちろん改善策はあります。その商品・サービスの特徴やターゲットになるお客さんによって違ってくるので一概には言えないのですが、改善策を上げるならそのメリットが伝わるように明確化してみることです。

伝える手段はいくつもあります。写真や動画、文章、グラフを使ってもわかりやすいでしょう。

 

現在、インスタ映えのスイーツなどもInstagramというSNSがなければあそこまでのヒットはしていないでしょう。スイーツ屋だけでなく、たくさんの飲食店がこぞってインスタ映えする商品を作っています。

 

これは食品だけに限ったことではありません。

あなたのビジネスでも使うことができます。ぜひ時間をとって考えてみましょう。

 

sinnennakemasite

f:id:copymatsu:20171006205245j:plain

 

 

こんにちは!日本集客ライティング代行の松竹です!

いやー年明けましたねぇ、ハッピーニューイヤー(正午を回った頃は)の時はわたしは疲れていてぐーぐー眠っていました。(どこにも遊びに行っていないのに)

このブログが初めて書いた時には恥ずかしくて大して書くことはなかったので

改めてわたしの自己紹介をします。(新年も始まったということで)

 

日本集客ライティング代行の代表、松竹佑京です!(まつたけうきょう)

別名ネパール人、ベトナム人速水もこみちの劣化版、オカムラ(ナイナイの)数々の異名を持っているゼ!ちなみにわたしは「速水もこみちの劣化版」を推している!

 

生まれは沖縄で育ちも沖縄!ここがあんまりいいとこじゃないんだな。

学生時代は感情の上がり下がりが激しくていわゆる落ち着きない子供だった!中学の頃は部活をわずか数ヶ月でやめて音楽に没頭する…ヒップホップ、ラップというやつだ。歌詞だけは飛び抜けて良い詩を書いていたが実技のラップはというと…うまいとは言えない。数年間スキルを磨いていたが一向に上手くならない…(どんだけ難しいんだ!)才能がなかったと言ってくれ!

 

高校の頃はある事件を起こし、退学判定会議にかけられ先生たちに助けられるが無期停学の処分が下される。助けてくれた先生たちに恩返しをすべく2年の後半から三年に成績をあげて平均2.3から4.5まであげて、いくつかの資格も取得する。(危険物管理とか2級土木成功管理技師の学科試験の合格とか…)

自動車学校では普通車免許を取るのに実技講習で何度も延長される。教官の教えに歯向い車内で喧嘩してさらに10回以上の延長の講習を受けさせられる。(なんてことだ!)

高校卒業後、上京し現場監督の会社に四年半務める、しかし理不尽な上下関係に慣れていないので活躍することはなく(というかダメダメだった)

色々とあってセールスライターとなっているわけだ!

 

ところでこのブログを読んでくれているあなたは

今年の抱負は決めたかな?去年の私がたてた目標はあまりにも大きすぎて達成できなかった!少し触った程度だ! 

英語を上達できるようになるとか体重を10キロ痩せるようにするとか色々とあるだろうが私はもう決まっている! 

それはガンガン行動を起こし、テストを繰り返すということだ!

ん?それは目標ではなく方針なんじゃ?だって? 

確かにそうとも言える。しかし目標はあくまで結果だ。去年の私が掲げていた目標も「結果」だった。しかし結果を出すのはとても難しいし具体的なアクションを取ることはできるが結果まではコントロールできない。そのおかげで不安になって行動できないこともあったし、結果が出なければものすごく気持ちが落ち込むしとてもじゃないが精神的な面でとても凹んでしまう…

 

私が尊敬するアーティストJAY Zは「人々はみんな結果ばかりを見てそれを真似る。それもそのはず人々には結果しか見えていない、しかし大事なのはそのプロセスだ。侮ってはいけない」と話す。

事実マーケティングでも必要なのは常にテストだ。そのことにすぐに気づくことができなかったのは私の落ち度でもあるが…もうそんなことを考えてはいられない

 

アクションアンドテストだ!

 

PS .

新年明けましておめでとうございます。

これからも日本集客ライティング代行をよろしくお願いします。

 

 

 

リストの質

f:id:copymatsu:20171226024305j:plain

リストの質

先日のダイレクトレスポンスマーケティングの3ステップは読んでいただけましたか?

 

今回はリストの質について話させてもらいます。

江戸時代の商人も大切にしていたという顧客名簿(リスト)。ハウスリストとも呼ばれます。リストの人数がたくさんいればDRMを行うのにとても良いと思われますがそんなことはありません。 

問題は質です。例えば1万円の商品を1万人のリストにオファーをかけて、一人も購入しないなら売上も0円…、そのリストには何も価値はありません。

 

質のいいリストとは反応の良いリストです。あなたの商品、サービスの価値、必要性を理解している人たちです。質の良いリストがあればたとえ少なくても良い反応が取れます。

例えば100人のリストに先ほどと同じ1万円の商品のオファーをかけて10人が購入すれば売上も10万円、リストの名簿が少なくても質の良いリストならこのように売上を上げられることができるのです。

 

ではどうすれば質の良いリストにすることができるのか?

先日紹介したステップ2の部分ですね。「コミュニケーションをとって関係を構築する」

フロントエンドの商品を買って毎日何度も売り込みのメールやDM、チラシが来たら「何だこの会社、もう2度とかってやるもんか!」と嫌われてしまいます。

もしあなたがダイエット商品を販売していて商品を購入してくれたなら数日後に「効果はありましたか?もし効き目がないならこちらの商品でも無料でお試しできますよ」とコミュニケーションをとることができます。

 

ポイントは「すぐに売り込まない」

「役にたつ情報、お得な情報を提供すること」相手に警戒を解いてもらい信用してもらうことです。そして一度買ったら終わりにさせないためにあなたのビジネスと関係を維持してもらうことを目的とします。

今は買ってもらえなくても、メルマガやニュースレターの定期購読を続けてもらえれば数日後、数ヶ月後まで顧客に買ってもらうチャンスをずっと持ち続けることができるのです。

 

やり方はたくさんあります。ニュースレター、サンキューレター、気づかいレター、メールマガジン、ブログ、メルマガ登録者先行の特別案内、V.I.Pクライアントにしたり…高度なテクニックは入りません。

継続していくことで顧客が必要な時に商品を買ってくれる可能性が高くなります。

利益を生むための二つの商品。なぜ売れるのか?

f:id:copymatsu:20171222191640j:plain

 

フロントエンドとバックエンド

 

ダイレクトレスポンスマーケティングの三つのステップは読んでいただけましたか?

今日はこの三つのステップを進めていくのに欠かせない二つの種類の商品を紹介をします。

 

フロントエンド

新規顧客を獲得することを目的にされた一番最初に売る「集客商品」のことです。

フロントエンドのポイント

・安い

・新規顧客には受け入れやすい

・安く作れるため何度かテストをすることができる。

・しかし顧客にとって初めての商品となるので売ることが難しい

フロントエンドの商品は売ることが難しくそのぶん安価でメリットを与える魅力のあるものでないといけません。フロントエンドで良い商品を作ることで新規獲得する可能性も大きくなります。

 

なぜ売りにくいのか? 

・買って損をしたくない

・その商品のメリットがよく分からない

あなたもこんな経験ありませんか?普段買わないものを冒険してみて結局、損をしたという経験…ありますよね。人は商品を購入する時、安価であっても損はしたくないものです。

 

バックエンド

フロントエンドで集めた顧客から利益化する商品です

一度顧客をフロントエンドで集めて関係を構築した後に売ります。 

バックエンドのポイント

・高額商品である

・セールスがスムーズ

・リストへ向けて販売する

ビジネスは顧客にバックエンド商品を売って利益を上げています。フロントエンドでたくさん集めてしっかり関係構築に時間を費やした分、売れていきます。このバックエンドを次々と売っていくことで利益を最大にすることができるのです。

 

なぜ高額商品なのに売りやすいのか?

・フロントエンドの商品を一度買ってみて十分にメリットがわかっている。

・顧客との信頼関係が構築されている

あなたも行きつけのラーメン屋、定食屋がありますよね?通うなら決まっている理髪店や歯医者があると思います。それはここなら料金を支払っても大丈夫と安心しているからです。たとえ高額商品だとしてもその商品が自分に与えるメリットが分かっていれば購入してもらうことができるのです。

 

 フロントエンドとバックエンドはセットです。フロントエンドがなくてはバックエンドの商品を買ってもらうことはできないですし、バックエンドがなくては利益を上げることはできません。

次回はこのフロントエンドとバックエンドを買ってもらうリストについて説明します。