日本集客ライティング代行

Give Your Business Wings DRM BLOG

社長のためのビジネスを成長させていく時間の使い方

f:id:copymatsu:20180306052440j:plain
 
誰にでも平等に与えられている時間ですが
お金と違い、使ったら取り戻すことはできません。
いかに時間を有益に使うかで
ビジネスの成長に大きく影響してきます。
 
今回の記事のタイトルを見て読んでいる方は
時間の貴重さがわかっている方です。
普段から時間に対してシビアで
どのようにして効率よく
業務をこなすかわかっている
優秀な方だと思います。
 
そんな時間の大切さがわかっているあなたに
今回の記事はとても役に立つ内容です。
ビジネスを更に成長させていく時間の使い方を
ご紹介いたします。
 
 
ビジネスを成長させていく時間の使い方とは?
 
私たち中小企業経営者、個人事業主にとって
もっと有益な時間の使い方とはどんなことでしょうか?
今でこそ時間の使い方はわかっていますが
どんな業務から手をつけていけばいいか
迷ってしまった経験もあると思います。
 
今後、時間の使い方に迷うことがあれば
優先順位はビジネスを成長させていくことを
優先してみてください。
 
ビジネスを成長させていくこととは
一体なんなのかというと
ズバリ売上につながることです。
 
粗利が出れば今後、優秀な社員を雇ったり、
新しい商品開発、広告費などに使うことができます。
蓄えがあればあるほど
あなたのビジネスは長期的に成長していきます。
 
具体的な業務としては
集客や販売、
販促に関する業務が含まれます。
 
4つの時間の使い方と優先すべき2つの業務
 
さてここからが本題です。
ビジネスを成長させていく業務が
明確にわかったら今度は日常の業務に
落とし込んでいきます。
 
でもその前に、
あなたがふだん行なっている時間の使い方を
分析してみましょう。
 
・重要かつ緊急に処理すべき仕事
・重要ではあるが緊急ではない仕事
・重要じゃないが緊急な仕事
・重要じゃないが緊急でもない仕事
 
上記の4つに分かれます。
この4つの時間マトリクスは
時間管理術の本などに載っていますが
重要なのは優先事項です。
 
社長、個人事業主が優先する業務は
上位の2つ、重要かつ緊急に処理すべき仕事と
重要ではあるが緊急ではない仕事です。
 
多くの社長は
重要かつ緊急に処理すべき仕事は
日常的に取り組んでいると思いますが
重要ではあるが緊急ではない仕事に関しては
おろそかになっていまいがちです。
 
そして他の役員や社員と一緒に
重要じゃないが緊急な仕事と
重要じゃないが緊急でもない仕事を
していることが多いと思います。
 
社長がなぜ下位2つの業務を
優先してしまうのかというと
社員がが関わっていて、
緊急を要されているからです。
 
重要な仕事は一人で黙々とこなすことに対して
下位2つの業務に関しては
他の社員に役に立てるという貢献と
満足感を得られるからです。
 
しかし下位2つの業務に関しては
社長でなくてもできるお仕事です。
上位2位の仕事が後回しになっていると
毎日忙しく働いているのに
常に仕事に追われていて時間がない
といった苦しい状況になってしまいます。
 
社長業を遂行するための作戦とは?
 
ではそんな状況を脱出して
ビジネスを成長させるためには
どうすればいいのかというと
次のことを行なってみてください。
 
直近1ヶ月、または2週間でもけっこうです。
1日の出社時間から退社時間までの
予定をすべて書き出してみてください。
 
すべて書き出してみるとわかるのですが
空白の時間がとても少ないことがわかります。
 
この空白の時間が30分、
最低でも15分空くのであれば
上位の2つ、重要かつ緊急に処理すべき仕事と
重要ではあるが緊急ではない仕事を行うために
予定を組んでみてください。
 
もちろん重要業務には
集客、販売、販促の業務を
入れることを忘れないでください。
 
そして完全に集中するために
会社ではなく集中できる場所に移動してください。
静かなカフェ、図書館、
または自宅でもかまいません。
 
外界との通信をシャットアウトして
取り組んでみてください。
 
これが数日ではあまり成果がわかりませんが
3ヶ月ほど続けてみると成果が実感できるでしょう。
 
 
獲物をピストルで撃つためには?
 
補足ですがもっと細かく予定を組むのであれば
上位2つの仕事を、忙しくなる時期の前に
入れてみることです。
 
これには2つの理由があります。
 
まずひとつは重要業務は集中して
頭を使う仕事だからです。
頭の中に他の業務のことが思い浮かぶと
集中することができません。
 
もうひとつは集客、販売、
販促に関する施策を
計画する時間だからです。
 
ここで思い浮かんだアイデアが忙しい時期に
試せるのであれば導入してみて
すぐに結果を検証することができます。
そして来期に向けて改善することができるでしょう
 
落ち着いている時期から忙しくなる時期に
重要業務を前もって取り組むことを
大きく利益を回収するための期間、
ハンティング・シーズンとも言われています。
 
獲物を仕留めるのに何度かピストルを撃ってみて
狙いを定める期間ということですね。
 
 
まとめ
 
・社長業はビジネスを成長させる売り上げにつながること
・優先的に取り組むべき業務は2つ
(重要かつ緊急に処理すべき仕事、重要ではあるが緊急ではない仕事)
・わずかな空白の時間でもブロックして上位二つの重要業務に取り組む
・ハンティング・シーズンを頭に入れておくこと
 
 
以上が社長のためのビジネスを
成長させる時間の使い方です。
繰り返しますが時間は
取り戻すことはできません。
 
たとえるなら、
 
時間は開けっ放しの水道と同じです。
しかも蛇口を閉めることはできません。
こうしている間にも流れ続けていて、
貯水タンクの水はなくなっていきます。
垂れ流し状態になっている水を
有効活用するのはあなた次第です。
 
 
改めて時間が貴重だということを認識し、
ビジネスを大きく成長させましょう。
 
 
PS .
時間を使っていく中で
スピードを意識することは重要です。
 
これは私の反省点でもあります。
よくスピードを上げろと言われますが
正確にいうとマーケティング
行うスピードをあげるということです。
マーケティングは車でいうところの
ガソリンやエンジンの役割を果たしています。
 
 
 
 
オンラインでもオフラインでも
この先、時代に左右されない収益の基盤を作りたいなら…
中小企業経営者、個人事業主のための
安定して順調に成長していくビジネスを作る方法
 

f:id:copymatsu:20180304160907p:plain

ビジネスの売り上げを毎月改善させる方法

ビジネスをもっと成長させ、価値提供をしようとしている
あなたに特別なプレゼント!
・ビジネス の売上を毎月改善させる方法
・即実行可能!売上アップ6つの方法
・顧客が離れていく理由とリピート客が生まれる原則
・成約に結びつけるレスポンス広告18の基本チェックリスト
・OATHの法則に基づく見込み客の人行きレベルに合わせた3つの適切なアプローチ方法