日本集客ライティング代行

Give Your Business Wings DRM BLOG

MACの法則

 

f:id:copymatsu:20181015090505j:plain

・毎日日誌をつけてみる
・毎日声に出してみて潜在意識に刻みつける
・寝るまえに目標を書いた紙をみる
 
など目標達成にはいろんな方法がありますよね。
 
僕もこれらのことを実践していました。
しかしどれも続かないものですね…
 
日誌などは四ヶ月続けたところで
やめてしまいました…(笑
 
根性がヘナチョコです…
 
よく目標を達成したところを
想像しなさいって言われますが
アレ、本当はやっては
いけないことらしいんですね…
 
実際にその方法で
目標を達成できる人って
実は10%にも満たないそうです。
 
 
おはようございます!
DRMパートナーの松竹です。
 
あなたは目標達成のためにどんなことを
実施していますか?
 
僕は昔、こんなことをやっていました。

ペンを取り、ノートに目標を書いたり、
日誌をつけてみて今日のタスクが
どれくらい処理することができたのか?
 
記録をつけていたことがあります。

しかし目標達成に必要不可欠な要素は
そんなことをする以前の
問題だということがわかりました。
 
 
僕の先生、そして
尊敬している憧れの人たちは
「結果じゃないプロセスが大切なんだ」
と口にします。
 
 
目標を達成したところをイメージする…

これは目標達成とは
かけ離れた思考法らしいですよ。
 
効果的なビジュアライゼーションの実験
 
目標達成に効果的な思考法は
どんなにビジュアライゼーションがてきせつなのか?
カリフォルニア大学が調べました。

試験を控えた学生を対象に実験をしたのです。
 
試験で良い結果をイメージして取り組んだ学生と
試験のプロセスを淡々とこなしていくことを
イメージして取り組んだ学生を
 
グループ分けして実験をしたところ、
なんと実験結果は試験のプロセスを
イメージした学生が良い結果を
イメージした学生よりも多くの人が
良い結果を出したと言う研究結果が出ています。
 
そしてこの言葉が真実であることを
表してくれる目標達成の法則があります。
 
 
それは…
 
 
MACの法則】
 
MACの法則とは2011年
アイントフォーヘン工科大学
(オランダ)
で実施された実験で
論文として発表されています。
 
この実験は38件の論文から
メタ分析をされていています。
 
再現性、真実性がある
一番確かなものです。
 
===============
※メタ分析とは?
複数の研究結果を統合し、分析をし
さらに精査をして正確な論文を作るということです。
===============
 
【Measurrable:測定可能にする】
 
目標設定と目標達成までの途中の
過程を測定可能な状態、
つまり数値化にすることです。
 
つまり、何かの目標を設定にすれば
現在の実績、データから計測します。
現状でこれだけのことがこなせている…
だから目標までにどんなタスクを消化すればいいのか?
 
どれだけの量をこなせば
目標を達成できるのか?
 
数字にして具体的にするということです。
 
例:ダイエットの場合
 
(目標)今の体重より6キロ痩せる
 
食生活を改善、
炭水化物の摂取をやめて
毎日腹筋10回3セットやってたら
5日で2キロ痩せた、(現在地の測定)
 
目標を達成するには
この生活をあと、10日続ければ
達成できるはず。(毎日のタスクに落とす)
 
 
 
【Actionable:現実的に可能な行動、タスクに移す】
 
あまりにも遠い目標ではなく
再現性のある目標に
設定するということです。
 
もし遠い目標なのであれば
いくつか中間地点を設けてみて
手の届く目標設定をしましょう。
 
再現性のない目標では
達成できない自分に対して
失望をし、モチベーションを
下げてしまうことになりかねません。
 
 
 
 
【Competent:自分の価値観にあっているのか】
 
その目標は、自分の価値観や
自分の性格、能力に
あっているものなのか?
 
達成したいと願うあまり、
自分の価値観や能力と
かけ離れているものでは
到底、叶えることはできません。
 
よくあるのは人に流されて
自分の目標まで
周囲の人たちと
合わせてしまうことですね。
 
例えば、僕はスポーツが苦手で
特に球技は全くダメです。
 
そんな僕が周りの人が
スポーツができる人ばかりなので
今からスポーツ選手を目指す!といった
目標は理にかなっていないということです。
 
 
さてこのMACの法則、
ご覧の通り、目標設定以前のことを
重視しています。
 
人は結果のことをイメージすれば
満足してプロセスに取り組まず、
失敗しやすい傾向にあります。
 
逆にプロセスのことをイメージすれば
集中力が上がり真剣に取り組む傾向があると
いうこともわかっています。
 
日本集客ライティング代行
ホームページ
「10年、20年売上を伸ばし続ける会社の秘密」の
小冊子を無料で提供中!残り5冊